コスプレは奥深い > 世界で受け入れられつつあるが

世界で受け入れられつつあるが

コスプレをする外国人は聖地である日本に来たがりますが、
最近では外国でも大規模なコスプレのイベントが開催されており、
今や聖地が日本だけでなく諸外国に移りつつあるのです。
ヨーロッパやアメリカを始めとして、中国、韓国、台湾など日本に近い国や
タイやベトナムと言った東南アジアでも大きなイベントが開催されるようになり、
日本からも多くのコスプレーヤーが行くようになりました。

大きなイベントの中には、優勝決定戦に出場する事が出来る人を
選ぶための予選があったりと、本格的なイベントもあるのです。
日本ではいまだにコスプレというと、オタク文化の一つというイメージがあり、
多くの人に理解され難いものであります。
ですが、日本以外諸外国においては日本とは大きく違い、
自分の好きなキャラクターに扮して思いっきり楽しむ事が出来る一大イベントという、
コスプレに対してのイメージがオタク文化の一つという位置づけにはないのです。

しかし、コスプレが日本発祥ということもあって、
異文化に対しての差別が根付いている地域においては差別的な目で見られる事もあります。
様々なイベントでは各国で人気になっている
アニメやコミックのキャラクターに扮するだけでなく、
日本で人気のアニメのキャラクターに扮する人も多くいるのです。

こういった事から日本文化が徐々に広まり、
差別的に見られることは少なくなってきてはいるものの、
大都会から離れるとまだ差別的思想のターゲットになることは残念ながらまだあります。

そういった思想の対象にならないように、世界でコスプレが受け入れられると良いですよね。